Skip to Content

UB CBE Alumni Directory

Find out where your CBE friends are and what they're up to.

データに関するポリシー
移動:
このメニューを開くには、alt/を同時に押してください

データに関するポリシー

Facebookは、世界をよりオープンでつながったものにするというミッションの一環として、皆様の情報共有を支援します。このポリシーは、弊社がどのような情報を収集し、それをどのように使用、共有するかを説明するものです。関連ツールや情報については「プライバシー基本ガイド」のページをご覧ください。

このポリシーは、Facebookのブランド、製品、およびサービスのうち、個別のプライバシーポリシーを持たないか、このポリシーにリンクしているものすべて(以下「Facebookサービス」または「サービス」)に適用されることに留意してお読みください。

Facebookが収集する情報の種類

弊社が利用者から収集する情報または利用者に関する情報は、使用するサービスによって異なります。
利用者のアクションや利用者自身が提供する情報。
利用者がサービス(アカウント登録、コンテンツの作成やシェア、メッセージの送受信や他の利用者への連絡など)を利用する際に、弊社は、利用者が提供するコンテンツやその他の情報を収集します。たとえば、写真の位置情報やファイル作成日など、利用者が提供するコンテンツに含まれる情報または関連する情報が挙げられます。また、利用者によるサービスの利用状況に関する情報(利用者が閲覧または反応したコンテンツの種類、アクティビティの頻度や期間など)を収集します。
他者のアクションや他者が提供する情報。
弊社は、他者がサービスを利用する際に、その他者が提供した、利用者に関する情報を含むコンテンツおよび情報を収集します。これには他者がシェアした利用者の写真、利用者に送信したメッセージ、アップロードまたは同期またはインポートされた利用者の連絡先情報などが含まれます。
利用者のネットワークやつながり。
弊社は、利用者がつながっている個人やグループに関する情報や、相手とどのように交流しているか(一番頻繁に交流する相手や好んで情報を共有するグループなど)といった情報を収集します。 利用者が機器から連絡先情報(アドレス帳など)をアップロード、同期、インポートすることがあれば、その情報も収集します。
支払いに関する情報。
利用者がサービスを使った購入や送金(Facebook上での購入、ゲーム内での購入、寄付など)を行った場合、弊社はその購入および取引に関する情報を収集します。 ここで収集される情報には、クレジットカードやデビットカードの番号とその他のカード情報、その他のアカウント情報や認証情報、さらに請求や配送、連絡先などの詳細が含まれます。
機器情報。
Facebookサービスをインストールしてあるコンピューター、サービスへのアクセスに使用するコンピューター、携帯電話、その他の機器からの情報や、それらについての情報を、利用者が許可した内容に応じて収集します。 利用者が複数の機器を使用している場合には、弊社はそれらの機器から収集した情報を関連付ける場合があります。これは機器を変えても一貫したサービスを提供するためです。収集する機器情報を以下に例示します。

  • 属性: OS、ハードウェアのバージョン、機器の設定、ファイルやソフトウェアの名称と種類、バッテリーや信号の強度、機器の識別子など。
  • 機器の位置情報: GPS、Bluetooth、Wi-Fiなどの信号から特定できる地理的位置など。
  • 接続情報: 携帯電話会社やインターネットサービスプロバイダーの名称、ブラウザーの種類、言語とタイムゾーン、携帯電話番号、IPアドレスなど。
Facebookサービスを使用するウェブサイトやアプリからの情報。
サービス(いいね!ボタン、Facebookログイン、広告、効果測定など)を利用した外部ウェブサイトや外部アプリを利用者が閲覧または使用したとき、弊社はその情報を収集します。 これには利用者がアクセスしたウェブサイトやアプリ、それらのウェブサイトやアプリ内でのサービスの利用状況に関する情報、またアプリやウェブサイトの開発者や発行元が利用者や弊社に提供する情報が含まれます。
外部パートナーからの情報。
Facebookは、外部パートナーからFacebook内外で生じる利用者やそのアクティビティに関する情報を受け取っています。外部パートナーと共同でサービスを提供する場合に外部パートナーから受け取る情報や、利用者と広告主との間で交わされたサービスややり取りの内容について広告主から受け取る情報などが、これに該当します。
Facebookの系列企業。
Facebookが所有または運営する企業から、その企業の規約やポリシーに従って、利用者に関する情報を受け取ります。これらの企業とそのプライバシーポリシーについて詳しくは、こちらをご覧ください。

Facebookが収集した情報の利用目的

弊社は利用者それぞれに合わせてカスタマイズされた魅力的なサービスを提供することに力を注いでいます。 弊社が保有する情報はすべて、本サービスの提供およびサポートのために使用されます。 具体的な用途は以下のとおりです。
本サービスの提供、改良、開発。
弊社はこの情報を使って、個々の利用者がサービスをどのように利用し、サービスの内外でつながりや関心をもっている人物や物事とどのように交流しているかを分析することで、各種サービス、コンテンツのパーソナライズ、利用者それぞれに合わせたおすすめの提案などを実現しています。

この情報は、各種サービスへのショートカットや操作のヒントを提供するためにも使われます。 たとえば、利用者の写真に友達が写っていたときにタグ付け候補を表示できるのは、その友達のプロフィール写真や本人がタグ付けされた他の写真から収集した情報と照合しているためです。 この機能が有効になっている場合、利用者は[タイムラインとタグ付け]設定で、他の利用者にタグ付け候補として自分の名前が表示されないように設定できます。

弊社は、位置情報を保有している場合、それを使って利用者および他者に対するサービスをカスタマイズします。たとえば、場所にチェックインできるようにしたり、近くのイベントやクーポンを表示したり、利用者が近くにいることを友達に知らせたりします。

弊社は製品やサービスの評価や改善、新製品や機能の開発、監査の実施、アクティビティに関するトラブルシューティングの目的で、アンケートや調査の実施、開発中の機能のテスト、および保有する情報の分析を行います。
利用者とのコミュニケーション。
利用者の情報は、マーケティング情報の送信、サービスに関するご案内、ポリシーや規約に関するお知らせのために使用します。 また、利用者からの問い合わせに返信するために使用します。
広告やサービスの表示と測定。
弊社は保有する情報を広告システムや測定システムの改良に使い、サービス内外で利用者に関連性の高い広告を表示し、また広告やサービスの効果やリーチを測定できるようにします。サービスでの広告配信について、また表示広告をパーソナライズする際に自分の情報がどのように使用されるかを管理する方法については、こちらで詳細をご確認ください。
安全とセキュリティの促進。
Facebookは保有する情報を、アカウントやアクティビティの検証や、サービス内外での安全とセキュリティの向上のため、不審なアクティビティ、規約違反、ポリシー違反などの調査に使用します。エンジニアチーム、自動システム、そして暗号化や機械学習などの高度な技術により、利用者のアカウント保護に全力で取り組みます。 また、アカウントのセキュリティを一層強化する、使いやすいセキュリティツールを提供します。 Facebookでの安全の促進について詳しくは、Facebookヘルプセンターの「セキュリティに関するヒント」をご覧ください。
弊社はサービスの提供とサポートにCookieや類似の技術を使用しています。その用途はポリシーの本項で概説したとおりです。 詳しくはCookieポリシーをお読みください。

情報の共有方法

Facebookサービスにおける共有
Facebookサービスは利用者が他の利用者とつながり、コンテンツを共有するために利用されます。 これを実現するために、弊社は利用者の情報を以下の方法で共有します。
利用者が共有やコミュニケーションを行う相手。
利用者はサービスを使ってコンテンツ共有やコミュニケーションを行う際、共有するコンテンツが表示される相手を選択します。たとえばFacebookへの投稿では、公開範囲をカスタムのリスト、友達全員、特定グループのメンバーなどから選びます。 Messengerを使用する際にも、写真やメッセージを送信する相手を選択します。

公開情報とは、利用者が共有範囲を[公開]にしている情報、公開プロフィールの情報、またはFacebookページや他の公開フォーラムに共有したコンテンツのことです。公開情報は、サービスを利用中であるかどうかを問わず誰でも見ることができ、検索エンジン、API、オフラインメディア(テレビなど)を通じて閲覧やアクセスが可能です。

このような情報は、利用者がコンテンツ共有やコミュニケーションを行った相手にダウンロードされたり、Facebookサービス内外で第三者と再共有されたりする場合があります。 利用者がFacebook上で他の利用者の投稿に付けたコメントや「いいね!」の公開範囲は、元の投稿を行った利用者が決定します。 その人が共有範囲を[公開]にしていれば、コメントも公開されます。
利用者に関して他者が共有したコンテンツを見られる人。
他者がFacebookサービスを利用し、その人が選んだ共有範囲であなたに関するコンテンツを共有することがあります。たとえば、利用者が写っている写真、利用者に言及やタグ付けした投稿、利用者が他者に共有した個人情報などです。利用者は他者からの投稿に懸念がある場合、コミュニティ報告機能を使って、信頼できる人物のサポートをすばやく簡単に求めることができます。詳しくはこちらをご覧ください。
Facebookサービスを使用または統合したアプリ、ウェブサイト、外部サービス。
Facebookサービスを使用または統合したアプリ、ウェブサイト、外部サービスは、利用者が投稿またはシェアした情報を収集することがあります。 たとえば、ゲームをFacebook上の友達と一緒にプレイすると、ゲーム内でのアクティビティに関する情報が開発元に送信される場合があります。またウェブサイトに埋め込まれたFacebookのコメントやシェアのボタンを使用すると、そのコメントやシェアしたコンテンツへのリンクがウェブサイトに送信されることになります。 さらに、そのような外部サービスをダウンロードしたり使用したりすると、そのサービスは、利用者自身が共有した情報に加え、利用者の公開プロフィールへのアクセス権を得ます。公開プロフィールには、ユーザーネームまたはユーザーID、年齢層、国と言語、友達リストが含まれます。こうしたアプリ、ウェブサイト、外部サービスが収集する情報の取り扱いは、それぞれが定めた規約やポリシーに準じます。

このようなアプリやウェブサイトに自分や他人が共有する情報をコントロールする方法について詳しくは、こちらをご覧ください。
Facebookの系列企業内での共有。
Facebook系列の企業間で、利用者に関してFacebookが保有する情報を共有します。 系列企業について詳しくは、こちらをご覧ください。
新オーナー。
弊社サービスまたはその資産の全部または一部が譲渡または移管された場合、利用者情報もそれに伴い移管されることになります。

外部パートナーや顧客との共有
弊社は系列企業を運営し世界中の人々に無料でサービスを提供するため、Facebookサービスの提供や向上を委託したり、弊社の広告製品や関連製品を利用したりしてくれる外部企業と提携しています。

弊社は以下に該当する外部企業に対し、利用者に関する情報を共有する場合があります。
広告、測定、分析のサービス(個人を特定できない情報のみ)。
弊社は利用者に配信する広告を、サービスが提供する他の情報と同じくらい関連性が高く有益なものにしたいと考えています。そのために、弊社は利用者に関して保有するすべての情報を、その人に関連性が高い広告を表示するために使用します。ただし、個人を特定できる情報(氏名やメールアドレスなど、それ自体が当人への連絡または身元の特定に利用できる情報)は、利用者本人の許可がない限り、広告、測定、分析のパートナー企業とは共有しません。弊社はこれらパートナー企業に広告のリーチや効果に関する情報を提供しますが、その場合も個人を特定できる情報は提供せず、個人を特定できないように集約した情報があればそれを提供します。 たとえば、弊社は広告がどれくらい効果をあげたか、何人に見られたか、その広告を見た後何人がアプリをインストールしたかといった情報や、個人を特定しない範囲での属性情報(「25歳女性、マドリッド在住、ソフトウェア工学に関心あり」など)を、ターゲット層や顧客層を理解するための参考として広告主に提供します。しかしその際には事前に必ず弊社の広告ガイドラインを順守することに同意を求めます。

Facebookで特定の広告が表示される理由については、広告の設定を確認してください。広告の設定からは、Facebookに表示される広告のコントロールや管理を行うことができます。
ベンダー、サービスプロバイダ、その他のパートナー。
弊社は、Facebook事業をグローバルにサポートするベンダーやサービスプロバイダなどのパートナーに情報を委託します。これらのパートナーは、技術インフラストラクチャの提供、Facebookサービスの利用状況の分析、広告やサービスの効果測定、カスタマーサービスの提供、決済代行、学術的研究や調査などを行っています。これらのパートナーには、このデータポリシーおよび弊社と取り交わした契約に基づき、厳格な守秘義務が課せられています。

利用者が自分の情報を管理または削除する方法

利用者は、Facebookを使う際に共有するコンテンツや情報を、アクティビティログツールで管理できます。また、データのダウンロードツールを使って自分のFacebookアカウントに関連づけられた情報をダウンロードすることができます。

弊社はデータを、利用者ら(上記の企業も含む)に製品やサービスを提供するために必要な間のみ保管します。利用者のアカウントに関連づけられた情報は、そのアカウントが削除されるまで保管しますが、そのデータが製品やサービスを提供するために必要でなくなった場合はこの限りでありません。

利用者は、いつでも利用者のアカウントを削除できます。 利用者がアカウントを削除した場合、弊社はその利用者が投稿したコンテンツ(写真や近況など)を削除します。 アカウントを削除するつもりはないがFacebookの利用を一時的に停止したいという場合は、アカウントの利用を解除することができます。 アカウントの利用解除や削除について詳しくは、こちらをクリックしてください。なお、利用者に関して他者が共有した情報は、その利用者のアカウントに属するものではないため、アカウントを削除しても情報は削除されません。

法的要請への対応、危害の防止

弊社は、法的要請(捜索令状、裁判所命令、召喚令状など)を受け、信義上これに応える義務があると判断した場合、利用者情報にアクセスし、これを保存、共有することがあります。これには、米国外の法域からの法的要請を受け、弊社が信義上これに応える義務があり、弊社の対応がこの法域の利用者に影響を及ぼし、かつ国際的に認められた基準にも沿うことになると判断した場合に、当該の要請に応じることも含まれます。また弊社は、詐欺その他の違法行為を発見および防止しこれに対処するため、弊社、利用者、およびその他を保護するため(調査の一環としての措置を含む)、または死亡もしくは差し迫った身体上の危害を回避するために必要だと判断した場合、利用者情報にアクセスし、これを保存、共有することがあります。 たとえば弊社は、Facebookサービスの内外での詐欺や濫用を防止する目的で、利用者のアカウントの信頼性に関する情報を外部パートナーに提供することがあります。 弊社が利用者に関して受け取った情報(Facebookを介した購入に関する金融取引データを含む)は、法的要請もしくは義務、政府による調査、または弊社規約やポリシーの違反の疑いに関する調査の対象となった場合、または危害を防止する目的で、通常の期間を超えてアクセス、処理、および保持される場合があります。また、弊社規約の違反により停止されたアカウントの情報については、濫用の繰り返しや他の規約違反行為を防止するため、少なくとも1年間保管する場合があります。

Facebookのグローバルサービスの運営

Facebookは、このポリシーで説明した目的のため、系列企業内でまたは外部企業と情報を共有することがあります。このポリシーで説明した目的のため、たとえば、欧州経済地域(EEA)内で収集された情報がEEA外の国に移転される場合があります。 弊社は欧州委員会により承認された標準契約条項を利用し、欧州連合法に基づくその他の手段を採用し、利用者の同意を得てEEAから米国およびその他の国々へのデータの移動を合法なものにします。

ご不明な点やご心配なことがある場合は、以下に記載の情報を利用してお問い合わせください。 また弊社は、弊社プライバシーポリシーおよびTRUSTeを通じた取り組みに関連して、利用者と弊社の間に生じた申し立てを解決することができます。 TRUSTeへは、TRUSTeのウェブサイトを通じてお問い合わせください。

ポリシー変更の際の通知方法

このポリシーに変更を加える場合、弊社は事前に利用者へ通知し、利用者が改定後のポリシーを確認し意見を述べ、今後サービスの利用を続けるかどうかを検討できる機会を設けます。

Facebookへの問い合わせ

Facebookのプライバシーについて詳しくは、「プライバシー基本ガイド」のページをご確認ください。 このポリシーについてご不明な点がある場合は、以下の窓口にご連絡ください。
米国またはカナダ在住の場合
Facebook, Inc.にオンラインでお問い合わせください。郵便でのお問い合わせは下記住所へお願いします。
Facebook, Inc.
1601 Willow Road
Menlo Park, CA 94025
それ以外の国に在住の場合
こちらに該当する利用者の情報に対して責任があるデータ管理者はFacebook Ireland Ltd.です。お問い合わせはオンラインか、郵便で以下の宛先にお願いします。
Facebook Ireland Ltd.
4 Grand Canal Square
Grand Canal Harbour
Dublin 2 Ireland


最終更新日: 2016年9月29日